• atelier naruse
  • chiclin
  • en plus
  • F/style
  • flau
  • KOTON
  • Leprotto
  • lite
  • OKE CRAFT
  • POSTALCO
  • SEEP
  • WARANG WAYAN
  • 出西窯

all labels

close

all categories

close

flau Cicada - White Forest

音楽ファンに美しい「余白」を届けるCicadaは、台湾ひいては世界の音楽シーンでも異彩を放つ存在だ。室内楽アンサンブルという形態を用いて、クラシックの弦楽曲を書きながら、ジャンルを超えた魅力があり、さまざまな音楽が持つ特徴を駆使して、聴けば、ポストロック、モダン・クラシカル, サウンドトラック、実験的なサウンドアートと、色々な要素が浮かび上がってくる。
Cicadaが「クラシック音楽」であるか否かについて議論するには、一作一作を見つめて論じるのではなく、彼らが表現しようとする美学に目を向けるべきだ。前作「Ocean」のリリース後、多数のフェスティバルへの出演、映画のサウンドトラックなどの制作を終え、各パートにおける技術と表現力は更に正確さを増し、加えてレコーディング方式の多元化がCicadaの室内音楽という親密な空間の長所と見事に融合している。その結果、新たなフェーズに入ったアンサンブルから、この驚くべき新作「White Forest」はもたらされた。

弦楽のハーモニー、独奏の告白によって、Cicadaは台湾の自然風景に物語を与え、消え去る過程を追い続けている。ため息を一つしたあとでテーマを探し、音楽で記録する。消え去るものへの感傷はありつつも、これまでのCicadaと違っているのは、現実的な感覚が強まったことだ。音楽版ソローの「森の生活」に似て、動物と人間の間の物語の帳を開くように、ストーリーを強く持ちつつ、音楽表現はまとまっていて、豊潤に仕上がっている。

前作の「Ocean」に続いて、自然を観察することはCicadaの長期的なプロジェクトであるだけでなく、楽団の表現の変化を表している。例えば「余白」は音楽におけるモンタージュであるだけでなく、Cicadaのコミュニケーションの願いが描かれている。花連の海に棲むイルカ、サンゴ礁の白化を主題としたアルバムタイトルと同名曲、白イルカの生息地を脅かす脅威…..一曲ごとに主題が明確な楽曲は、ザトウクジラが吹き上げる水しぶきを凝縮させたような、音楽の光を通して、純粋で美しい質感を映し出している。(レーベルサイトより)

track list
1 Dolphins Leap
2 Fly
3White Forest
4 Used to be Home
5 Swimming in the Plastic Ocean
6 Whale Family
レーベルサイトはこちら
価 格(税別)
¥2,000
数 量

配送方法:レターパックライト

recommend