弘前のあけびかご 1日目

今日もありがとうございました。

今展を楽しみにされていた方が多く運んで下さいました。本当にありがとうございます。

 

まず最初に今展にあわせて制作したポシェットを紹介します。

昨年の展でも、2点紹介していたのですが今回はストラップからあけびのかごにあうものをと思い、

一から企画と製作をすすめました。

 

ストラップの考案はいつもお財布でお世話になっている

岡山のANDADURA 山本祐介さんにお願いしています。

山本さんは物事を重層的に捉え、深みのあるデザインや構成を考えるのが

とても得意にされているなと日々の仕事を見て感じていました。

最終的に出来上がったものはシンプルで、かつ丈夫。

そしてなによりあけびの雰囲気と調和するものということを

第一に考えられています。

ヌメ革のストラップと革紐は経年の変化で、あけびの色と調和するよな色合いになります。

使い込んでいくのも楽しみです。

 

丸みのあるころんとした愛らしい形のもの (hold)

こだし編み Sサイズ(hold)

こだし編み Mサイズ(sold)

スマートフォン・お財布・単行本サイズの冊子が入ります。

その日の気分で巾着や布を内袋として使ってもよいでしょう。

エフスタイル の亀田縞の弁当包みが内袋として良さそうなサイズです。(写真はサンプルで欠品中ですが実店舗ではお取り寄せ可能です)

網代編み(hold) 割蔓を使って軽やかだけでとふっくらとしたテクスチャが良いです。

こちらは大きめの丸型。hold

 

店頭ではあれこれお試しになれますので、ぜひ手に取ってご覧下さい。

 

弘前のあけびかご

10月19日(月)まで

会期中の休業日:10月13日(火)