Lithuania Diary 8日目

今日もありがとうございました。

肌寒さを感じる時間が少しずつ増えてきています。

 

今日は展示”Lithuania Diary”で紹介している

これからの季節に活躍する革のミトンやニットキャップ、ブランケットを紹介しています。

それぞれ、個性のある作り手のものです。

レザーミトン ”House of Naive”

こちらはゴートスキンのレザーミトン。

今展で紹介しているチョコレートの工房 ”Naive”のアパレル部門で制作をしているもの。

内側はカシミアになっていて、肌触りもよく

当地の冬にも活躍するもの。

色はブラックとネイビーを紹介しています。

カシミアニットキャップ “OVO TINGS”

リトアニアの女性3人が運営する工房で作られたもの。

軽やかに優しく包み込むような、締め付けの少ないニットキャップです。

uko 手編みのブランケット

こちらはラムウールのブランケット。

手編みで優しい緑色が特徴です。

肌触りもやさしいもの。

 

展示 Lithuania Diaryは店頭では11月3日(火・祝)

オンラインショップでは8日(日)まで紹介してまいります。

今日で紹介しているほぼ全ての品を掲載しました。

オンラインショップはこちら からご覧ください。

 

〈入荷のお知らせ〉

CANASA

やかん2種、壁掛け時計2種