七尾 佳洋 陶展 初日

今日もありがとうございました。

展示を楽しみにしていましたという方が多くお見えになりました。

七尾佳洋さんは函館の生まれで、現在は滋賀県に移り作陶しています。

写真は昨年の11月古民家を改装したギャラリーと工房の様子です。

陽の光が綺麗な場所でした。

土蔵のなかに七尾さんの工房があります。

雰囲気のある素敵な場所でした。

お茶をいただいた白いティーポット。長年使い込まれて

色が入っている様がとても素敵でした。

展示でも同手のものをご用意いただきました。

湯呑みと合わせて

こちらは泥打掛

七尾さんの器の特徴は極端に綺麗すぎず、それでいながら自然で端正な造形であることと

シンプルに、手に持つ湯呑みや6寸くらいまでの皿は見た目よりも軽く、

置いて使う用途のものはどっしりとした佇まいがある、というのがとても印象的です。

スープカップとソーサーセット

セットはもちろん、別々に使うのも良いでしょう。

ジョッキ。

以前当店で紹介していたサイズよりも

最近は小ぶりなものも作っておられます。

モーニングカップサイズ。

定番の6寸皿 今回も焼き上がりいろいろ。

楽しんで選ばれている姿がとても印象的でした。

マグカップは今回届いているのは気持ちたっぷりサイズです。

6寸皿にあわせて

目を引く、緑釉のマグとプレート

常設では人気の練込タンブラー

こちらは飴釉の指描ポット。

とても味があって雰囲気が良いです。

持ち手のデザインも七尾さんらしいもの。

飴釉6寸皿

黒釉柿流し6寸皿

飴釉の皿もそうですが

食べ物の色が良く映える器。

糠釉のマグカップと皿。

組みで使っても良さそうです。

駆け足になりますが、引き続きこちらでも紹介してまいります。

 

七尾さんの作品もオンラインショップで

紹介をしていく予定ですが、職種や地域によって

なかなか外に出られないという方もいらっしゃるように感じています。

そのため、今回は掲載を通常よりも少し早めるようにしたいと考えています。

 

オンラインショップの情報はメールマガジンでもお知らせします。

 

〈入荷のお知らせ〉

・エフスタイル  ステインプルーフスリッパ、竹のサークルハンガー

・SSAW たかはしよしこのエジプト塩

・豊永盛人 張子各種 来年の干支や、クリスマスのオーナメント、カレンダーなど