七尾 佳洋 陶展 3日目

2020.12.7

今日もありがとうございました。

小春日和の穏やかな一日でした。

七尾佳洋さんの器を引き続き紹介してまいります。

練込(練上)と呼ばれる技法の器で

色の違う粘土を重ねて層のようにしたものから

器を成形する技法でまた違った雰囲気があるものです。

小鉢2種。土に色の違う粘土が互い違いに練り込まれて文様になっています。

裏もまたみどころ。

格子柄の4寸鉢

年輪のような 5寸ボウル 少したわんだ形が表情になっています。

りんご一つ分くらいの大きさ。

ストライプの6寸鉢はカレーや惣菜鉢としても。

独特な文様の深鉢 sold

格子柄の大鉢

雰囲気の良い大鉢

常設ではなかなか紹介ができないもの。

七尾さんとは展示の打ち合わせの際に細めの縞の練込をお願いしていたのですが

要望に応えてくださったのが、この器です。

同手はもう一点あったのですが、そちらは撮影前に完売しました。

角瓶

楕円皿・大 DMでも使用したもの

タンブラー 常設でも人気のあるものです。

最後に紹介するのは尺二寸 大皿

轆轤もので、粘土が混じり合い

マーブル文様のようになっています。

宇宙のような作品。

 

今日は七尾さんから追加の作品も届いています。

追ってこちらでも紹介していきたいと思います。

 

七尾 佳洋 陶展

12月15日(月)まで

七尾 佳洋 陶展 オンラインショップでの紹介はこちら  (14日24時までの期間限定紹介)

会期中8日(火)休

※9日(水) 営業いたします。