青森・弘前 根曲竹のかご

当地弘前の根曲竹で作られたかごが様々届いています。

りんごの収穫用手かご
当店では低い高さのものを中心に普段紹介していますので、久々の紹介です。

右が、普段当店で定番としている丈の低いもの。

こちらの二つは手かごの小さなサイズ。
卓上のかごや、収納かご、ちょっとお出かけ用に使われる方もいます。

こちらは当店でお願いして、数年前から度々お願いしている手無しのかご。
現在の暮らしのぶりにあわせて、少しだけ形を変えて製作をお願いしています。

こちらは瓶下げ。日本酒の四合瓶やワインの瓶が入るような大きさ。
軽やかで使いやすいかごです。
是非店頭でご覧ください。
過去の記事はこちら

〈お知らせ〉
今年の6月30日から大阪のうめだ阪急で開催される
“民藝と暮らす”という工藝の祭典に
当店も出店の予定でしたが、昨今の状況のため開催が中止となりました。
(昨年も出店を予定していたので、2年連続の中止となりました)
東北各地の作り手や、協力してくださった方と長い月日をかけ準備をすすめてきたものでしたので
とても残念な気持ちであり、力の抜けたような落ち込んだような気持ちでおりましたが
同時にこれで良かったと感じるような、どこか安心したような気持ちにもなりました。

様々な気持ちが交錯するなかでも、とにかく前を向き日々を進めていかねばなりませんので
“民藝〜”のためにさまざまな方にお願いをして集めてかご、ざるをはじめとした
東北の作り手の作品・製品を店頭では随時紹介していくことにいたしました。
手はじめに今手元にある根曲竹のかご以外にも岩手のすず竹のかご・ざるなどを店頭に出しました。
これから夏に向けて、家で外で活躍するものです。よろしければ暮らしのなかで
ご活用いただけたら、とても嬉しく思います。

また、その他一部のつくり手の作品は企画展示“東北工藝展(仮)”として
6月の後半から
紹介していく予定です。
初めて紹介する作り手のものもありますので、よろしければ楽しみにお待ちください。