「民藝」 825号 2021年 9月号「棟方志功と東北の民藝」

先日発売された
『民藝』2021年9月号(825)
「棟方志功と東北の民藝」に
寄稿しました。

東日本大震災から10年経った
青森の手仕事の現状を
ということで
今回は弘前こぎん研究所の
成田所長から話を伺いました。

伝統とは?という話や
地方で仕事を繋いでいくため
考えている事が非常に明快で
話を伺っていて
とても楽しい時間でした。

拙い文章ですが、
機会がありましたら
手に取ってご覧ください。

以前コラムを書いた民藝 814号 特集「日本のざる・かご」の紹介はこちら