絲室 やわらかく おだやかに 3日目

今日の風景は窓辺のクッション。
光と影で生地やパッチワークの線が
浮き上がって見えます。

今日はクッションの中でも
最もプレーンな丸いものを紹介します。


大きさは直径40cm程。
パッチワークはなく
縁のステッチのみのシンプルなものです。

インドの郵便局での荷物のパッキングから
ヒントを得たというパッキングステッチ。

一見同じように見える白でも
コットン、シルク、デニムと布目の表情が違っています。

膝にのせて抱えるのにちょうどよい大きさ。
素朴なもので、パッチワークのもののような華やかさはないものの
生地の質感が一番感じられるものだと思います。

丸い形や大きさ、ステッチなど
シンプルな中にもアイディアの詰まったクッションです。

店に立っていると、絲室の作品は白いものなので
お洗濯方法についてよく聞かれるのですが
中綿のタイプについては洗濯機でのお洗濯は
型崩れしてしまいますので、おすすめしません。

布に汚れがついてしまった場合は
ついた汚れの種類によって対応が違うのですが
軽い汚れは馬毛の洋服用ブラシでやさしくブラッシングしたり
固く絞った布で(場合によっては中性洗剤を少しつけ)
部分的に汚れを落としていただくことをおすすめします。

カバータイプのクッションや、アイピロー
布小物、カバンなどは手洗いをおすすめしています。

白い色は汚れたら・・・ということを気にされる方も
いらっしゃるのですが、極端に食べ物に近い場所に置かなければ
使っていてもそれほど汚れが気になりません。

何よりも気に入ったものであることの方が
実際に使う上で大切なことのように思います。